簡単に希望通りのビジネスマナー研修を探す方法

ビジネスマナー研修

顧客を集める為にビジネスマナー研修は必須の物になりますが、後回しになってしまう事も多いです。接客業等の、最初から相手と向き合う度合が高い業種の場合は話も変わって来ます。ですが、実務を覚えて貰う方が最優先であり、マナーはその後という事になってしまう事は少なくなくありません。最低限の礼儀は学生時代に学んでいるだろうから、急ぐ事も無いだろうと考えるケースもあります。ただ、放置したままにしておくのは決して得策ではありません。自分が必須であると思っていても、相手は違う場合は珍しく無い物ですし、基本のマナーを此方が知らない事を顧客が察したら、実際の仕事の実力の方を不安視されかねません。ですので、どうしてもビジネスマナー研修が後回しになり、不安な部分があるというならば、研修部分をプロに依頼してしまうというのも1つの考え方です。その場合の選択肢は2つあります。

有名企業が行うビジネスマナー研修会へ依頼を出す。

業界特有のローカルルールの様な物がある等、特殊な部分が無いというのでしたら、大手の企業が行っているビジネスマナー研修会に依頼を出すのが考えられます。例えば飛行機会社であったり、人材派遣系の会社等で多くのプランが提供されています。大手の有名企業で、特に接客関係が多い所でしたら、ビジネスマナーの習得は必須です。ビジネスマナーに不備があった場合は死活問題にもなりかねません。ですので、提供される内容は大抵の状況に応用出来る物になっています。他にもメリットとして、クレーム対策の意味も兼ねた研修も期待出来る事が挙げられます。マナー習得と、クレーム対策は別個で考えるべきポイントも多いですが、重なる所も多いです。大手であるなら、その分だけノウハウも蓄積されている物ですので、研修はクレーム予防としても意味がある物と考える事が出来ます。この方法なら、研修依頼先を探すのも、比較的簡単です。

ビジネスコンシェルジュ制度がある所へ依頼を出す。

幾つかサイトも出ていますが、ビジネスコンシェルジュ制度がある会社を利用するのも方法です。無料相談が出来る所に電話して、その上でして欲しいビジネス研修について相談すれば条件に合う研修実施企業を紹介してもらえます。マナー研修の失敗ケースとして、実績が無い会社に依頼してしまった事で体育会の合宿の様になっただけという様な事等も無いではありません。他にも業界毎にマナーが違う部分を失念していた為、全く違った所へ依頼してしまったという様な話も出て来ます。単純に料金が折り合えなかった等も含めたら、色々難しくなってしまう場合も多いという事です。ですが、コンシェルジュ制度がある所でしたら、そういった問題はクリアされます。業界毎に対応出来る会社をネットで確認出来る様に、まとめてある事も多いですので研修全般を考える時には、使わない手はありません。